インテリアコーディネーターの生活

お客様の希望を形にするインテリアコーディネーターは、仕事やプライベートでどのような過ごし方をしているのでしょうか?

 

感性を磨く事を忘れない休日

この仕事は、インテリアについての感度を常に高めておく事が重要です。
ですから、いろいろな情報やアイデアを仕入れる為にも、外出して、街の風景や施設などのチェックしている方が多いものです。
そして、美術館などに出かけて、気に入っているアートを見る事を趣味にしている方もいます。
これは、感性を磨く為にはとても良い事です。
さらに、流行に敏感である事も求められていますから、ウィンドーショッピングをして多くの情報を得ています。

そして、普段人と会う事が多く、神経を使う仕事でもありますから、リフレッシュする為にも、ヨガやマッサージなどを欠かさない方もいます。

 

こだわりのある店に出かける

インテリアのアイデアというのは、家事をしている時や遊んでいる時に得る事ができます。
例えば、食事や飲みに行く時には、内装などにこだわりがある店をチョイスして、店内を観察します。
使っている壁紙や家具、ドアなどの取手や、店内に飾ってあるインテリアなど、それに、トイレの内装もゆっくりとチェックをします。
家事をしている時にも、こうなっていれば便利だなどと、考えながら行なっています。
そうする事で、新鮮なアイデアをストックするように心がけています。

 

常に人と接している日常

インテリアコーディネーターは、依頼主や現場で働いているスタッフ、建築士といった、多くの方と一緒に打ち合わせをして、仕事を進めています。
その為、日常は人と接している、といった場合がほとんどです。
個人のお客様の場合は、家族が帰宅している夜に打ち合わせを行なう事も多く、仕事のスケジュールが不規則になる傾向があります。

それだけでなく、見積りや提案書を作成するといった業務もあり、机に向かってデスクワークを行なう事もあります。
このように、インテリアコーディネーターの仕事内容というのは多岐に渡っています。

カテゴリー

  • カテゴリーなし

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
インテリアコーディネーター小島真子