インテリアコーディネーターの仕事内容とは?

インテリアコーディネーターは、理想とする世界を作るといったクリエイティブな仕事であり、多くの方が憧れています。具体的にいうと、どのような仕事内容なのでしょうか?

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターは、住宅や展示場などのトータルコーディネートをする仕事です。お客様それぞれのライフスタイル、予算、目的や要望などを聞いた上で、専門的な知識を活かしながら、照明や壁紙、家具などを選択した配置する、といったプランを立てます。
お客様によって、目的や要望が異なっていますから、希望に合わせた提案を行なう必要があり、コーディネートが美しいというだけではなく、快適さなども求められています。

 

インテリアコーディネーターが活躍する場所

インテリアコーディネーターは、個人住宅、商業施設、公共施設、事務所など、幅広い場所で活躍しています。その為、就職先も、デザイン関係の事務所や住宅などのメーカー、家具のメーカー、リフォームを行っている会社など、いろいろ選択できます。
そして、ショールームや展示場などと、専属として契約を結ぶ事もできますから、自分の目標や希望に合わせた働き方をする事ができます。

 

インテリアコーディネーターの資格

インテリアコーディネーターには、インテリア産業協会が行なっている、専門的な資格というのがあります。
仕事をする上で必要となるわけではありませんが、この資格を取得していると、要望に合わせて適切で効果的なアドバイスができる知識がある、という証明になります。ですから、就職や転職をする際に有利になります。

 

インテリアコーディネーターの仕事のやりがい

この仕事は、お客様に満足してもらえる空間作りができた時の喜びや、理想としているコーディネートができた時の達成感が、やり甲斐に繋がります。高齢化が進んでいる事で、住宅をリフォームする家庭や、高齢者が利用する施設の建設が増加する事が予想されています。それに合わせて、インテリアコーディネーターが活躍する場も、どんどん広がる事が予想されています。

カテゴリー

  • カテゴリーなし

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
インテリアコーディネーター小島真子