インテリアコーディネーターになるには?

インテリアコーディネーターは、自分のアイデアを型にできる、創造力がある仕事という事で、特に女性にとても人気があります。
この仕事に就いて活躍する為には、どのようにすればいいのでしょうか?

 

インテリアコーディネーターに必要な事

インテリアコーディネーターは、心地よい生活を送る為のインテリアのアドバイスや、家具などの商品を選ぶ時のお手伝いをしています。
そして、お客様の目的や要望を聞いて、それに合わせた具体的なコーディネートして、理想の空間を作っている仕事です。
家具やカーテン、住宅設備、照明器具など、インテリア関係の商品に関する幅広い知識が必要になります。
それだけではなく、自分のアイデアをお客様にアピールするプレゼンテーションの能力も必要です。

 

インテリアコーディネーターになるには?

インテリアコーディネーターになるのには、2つの方法があります。

  1. 資格を取る
  2. 専門学校、大学、短大で学ぶ

インテリア産業協会では、この仕事に必要な知識や技術を認定する為の資格試験を行なっています。
ただ、この資格がなくても、インテリアコーディネーターとして活躍できます。
そして、資格を取得していたり、学校で勉強していたとしても、幅広い知識を身につける必要がありますから、地道に経験を積み重ねる事が大切です。

 

インテリアコーディネーターに向いている人

  • ヒアリング能力がある
    相手の感性や要望を聞き出す能力が必要です。
  • センスがある
    お客様にわかりやすく説明する為には、美的センスや感受性が必要となります。
  • 情報に敏感
    アイデアの引き出しを増やす為にも、常にアンテナをはって情報や流行をチェックしている事が大切です。
  • 物怖じしない
    お客様にプレゼンテーションをしたり、業者に指示通りに作業してもらわなくてはいけませんから、積極性も求められます。
  • 誠実である
    お客様や業者など、常に多くの方と接する仕事です。
    フリーで活躍したい方は特に、信頼感を得る為にも誠実さが求められます。

カテゴリー

  • カテゴリーなし

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
インテリアコーディネーター小島真子