インテリアコーディネーターの大変な事は?

インテリアコーディネーターは、自分の趣味や好みに捕われないで、常にお客様の希望に応える事が大切です。
お客様に満足してもらえる事を一番に考える必要がありますから、やり甲斐がある反面、大変な事も沢山あります。

 

不規則な勤務時間

インテリアコーディネーターというのは、お客様の都合に合わせて仕事を進めていきます。
その為、個人のお客様の場合は、打ち合わせの時間が、家族が帰宅している夕方以降になる事が少なくありません。
それに、デパートやショールームなどは、土日や祝日に混雑しますから、それに合わせて、インテリアコーディネーターも出勤する必要があります。
その他に、現場のチェックや、施工業者との打ち合わせについても、決まった時間に行なわれませんから、勤務時間が不規則になり、体力的にキツいと感じる場合があります。
休日に仕事になる事が多く、プライベートを確保するのが難しい場合もあります。

 

人間関係

インテリアコーディネーターは、お客様、営業、施工業者、現場監督、職人など、沢山の方とコミュニケーション取って仕事をしなくてはいけません。
その為、人と接するのが苦手だったり、コミュニケーションを取るのが得意でない場合は、キツく感じるかもしれません。
人と接する事が多いだけに、気を遣う事も多く、人付き合いが苦手な人は、精神的に疲れてしまうかもしれません。
さらに、自分のプランを売り込む為には、人間力も必要です。

 

男性社会の現場

この仕事を目指す人は、女性が多いのですが、現場の職人さんというのはほとんどが男性です。
その為、女性が現場に出向いた時に、相手にしてもらえない場合もあります。
打ち合わせの場面でも、こちらの話しに耳を傾けてもらう事ができずに、辛い思いをするというケースも少なくありません。
ただ、最初は相手にされなくても、仕事をきっちりとこなして、真剣に取り組んでいれば、信頼関係を築く事ができますから、男性社会に溶け込んでいけます。

カテゴリー

  • カテゴリーなし

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
インテリアコーディネーター小島真子